In se ct Di ar y トップページへ
虫の名前の間違いを教えてください
2015 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014 12月 11月 10月 9月 8月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年9月26日
先日の夜間観察に昼飛ぶウスバツバメガが現れたので,今日は上野氏と昼間のウスバツバメガを 探しに霧島へ出かけます。今日は私の車。途中,空港付近の”もぜ写真展”を見て。 山道を上っていると,ツマグロヒョウモンのオスがたくさん集まっています

今までこんなに集まっているのを見たことがありません。何をしているのでしょうか? 目的地に付いて,ウスバツバメガの食草の桜を探しましたが,1本だけ。もっとたくさんあると 思っていたのですが見つかりません。歩いてまわりを探します。途中,道の上で ムネアカオオアリを見つけました

キベリクビボソハムシと思って撮ったのはタテスジキツツハムシのようです

林の中には,初めてのセアカツノカメムシ

林の中から出てきたばかりのとき,上野氏が高い空をグライダーのように飛ぶウスバツバメガを 見つけました。 近くの高い木の上にとまりました。足で木をゆすると飛び立ってちょっと低いところに とまったので,上野氏が網で捕まえて,ススキにとまらせて記念撮影

それにしてもきれいです。ふわりとした半透明の白い翅は,なんとなくあの世を想いうかばせます。 夜間観察で飛んできたのは雄でしたが,これは雌。上野氏が幼虫を見てみたいと, もちかえって産卵させることに。後日20個の卵を産んだと電話がありました。 結局,今日はこの1頭だけでした。 すこし下のほうに,植えられたような桜が10本ほど見つかりました。 ここで発生しているのかもしれません
2015年9月20日
今日は久しぶりに上野氏と虫の観察に出かけます。まず吉松へ。昔よく通った池には キトンボがいましたが,1頭だけ。まだ出初めかなあ?

先日,草ぼうぼうだったゆったり館はきれいに草が刈ってあります。ミヤマアカネも たくさん

沢原の池にはリスアカネ?

オオアオイトトンボやカトリヤンマは見つかりません。環境はよくなっているようなのに。 林道を上って,いつもの夜間観察の地点に行きます。車を止めて,しばらく上の方を 歩いてみます。アケボノソウが見つかりました。ここでは初めて

白幕を張って準備をして,椅子をだして,おにぎりの夕食をとります。 だんだん暗くなってきました。しばらくするとミミズク

や,前にも見た触角のおもしろいトビケラの一種

きれいなクロミスジシロエダシャク

オキナワルリチラシ

などがあらわれます。どんどん冷え込んできました。気温14℃。車に入って 窓越しに白幕を観察します。ヨツボシモンシデムシ

ツノアオカメムシ

フンチュウの一種

などもやってきました。これはヒロバカゲロウの一種

蛾の一種

ウスギヌカギバも

車の中から見ていると,ちょっと変わった虫が!出て行くときれいな白い蛾です。 帰って調べるとウスバツバメガのオスのようです

上野氏もはじめてだそうです。昼飛ぶ蛾だそうですが,光に吸い寄せられたのでしょう。 ネットによるとサクラやウメと食べ,9月下旬から10月初めに羽化するとそうです。 ばさばさと大きな翅をばたつかせてやってきたのはヤママユガ

12時近くまでいて引き上げます。今日の一番の収穫はウスバツバメガでした。 最近,10時前には寝てしまいますので,帰りの車の中では私の眼はほとんどつぶれていました。 帰宅1時半過ぎ。就寝2時半。愉しいけど,夜がつらい。
2015年9月17日
今日は久しぶりに小川内林道を歩きましょう。入り口付近のススキの葉に気をつけていると やっぱりいましたマダラハネナガウンカ

でもここで一度だけ見たことのあるマエグロハネナガウンカは見つかりません。 これはナツアカネの雌?

クロコノマチョウの蛹もありました。ツマグロオオヨコバイと一緒

近くでは,黒い頭の幼虫が向かい合わせでキスをしています

これはメイガの仲間?

しばらく歩くと,”倒木のため通行止め”とあり,ロープが張ってあります。 県民の森と同じです。まわりは杉がたくさん倒れています。 先日の台風15号は瞬間風速が70m/h。被害が大きかったようです。 でも人は歩けます。ススキに飛んできたキボシカミキリ

これもメイガの仲間?

これはフクラスズメ。半分だけ後翅を見せて,寝ているようです

オトコエシも咲き始め。ナミツチスガリ?が来ています。胴が凸凹

ええ!まだカツオゾウムシがいるんだっけ?春のように,すぐには隠れません

ミズヒキにハバチの一種?

やクチブトカメムシの一種

ミゾソバにはユスリカの一種

アケボノソウはまだ蕾です。途中,森林管理のフォレスターがとまっています。 倒れた木を切って,車が通れるようにしているそうです。でも1人だけ。 ちょっとたいへんで時間がかかりそう。終点の三叉路まで来ました。 ヤマトシジミのオスがメスを追いかけていて,しばらくするとペアになりました

ちょっと休んで引き返します。クロコノマチョウが出てきました

ツマグロオオヨコバイ

ミゾソバにきているのはギングチバチの一種?

ゲンノショウコにも

ルリシジミも

イカリモンガも現れました

ススキにとまっているのはササキリ?

小さなヨツボシテントウ

ススキの葉の裏のアブラムシに,ゴイシシジミが3〜4頭集まっていましたが, ばらばら

これはガガンボカゲロウ?

さっきのクロコノマチョウの幼虫が,帰り道でもまだキスをしています。 寝ているのかな?

二反田園に寄って帰りましょう。後の山の木が倒れたようで,大型機械が 入って整地をしています。飛びだしたのはブドウスカシバ

蓮の葉にクロイトトンボ

2015年9月9日
FBでKさんから,吉野公園のヒガンバナが咲いていて,チョウがたくさんいるとの 情報をもらいましたので,行ってみましょう。その前に隣の空き地で,昨年の今ごろ たくさんいたアカハネナガウンカを探します。が,いません。 代わりに小さなウンカ

吉野公園のヒガンバナは3分咲きくらいかな?まだたくさん蕾が出ています。Kさんの 言うとおり,たーくさんの黒いアゲハたちが舞っています。カラスアゲハ

ナガサキアゲハ

モンキアゲハなど。アゲハチョウは1頭だけ

1時間ほど遊んで,牟礼が丘へ。蒲生でしか見たことのなかったトビイロハゴロモが 見つかりました

なにか,ガらしいものが飛びだしました。とまったところを見ましたが,枯れ葉が 引っかかっているだけ。でも確かこの辺りにとまった。とレンズでしっかり見ると 枯れ葉の下の方に眼らしいものが!枯れ葉に擬態した蛾です。でも本当に見事で どうなってるのかよくわからないほど。左右対称ではない??

先日雨の日に途中まで歩いた路を最後まで歩きましょう。オトコエシが咲き始めています。 これはクロマダラソテツシジミ

路の上を歩いていたのは,オオヒラタシデムシのようです

マメコガネがいっぱい

1時間半歩きましたが,まだ路は続いています。もう少しのようですが,今日は ここまでにしましょう。ツクツクボーシがうるさいほど鳴いています。 オトコエシにベニシジミ

キセイバチの一種?もたくさん来ています

この林道は杉や檜の植林ばかりですが,林床の植物はいろいろあるようです。 なんといっても,家から近くて車がぜんぜん通らない。これからも機会を見て歩くように しましょう
2015年9月5日
上野で二科100回記念の”伝説の洋画家たち”と, こちらも100回記念展の 院展を見ます。11時にSさんとオンビートのFさんと院展の入り口で待ち合わせ。 ちょうど福岡の尾崎会友と会って,一緒にもう一度院展を見ます。オンビートは 院展の賛助会員になっているそうで,Fさんが作品をいくつか解説してくれました。 その後,尾崎会友は二科展へ。残りは4階?でコーヒーを飲みながら,話します。 話が長くなって,二科展を見る時間がなくなり,上野駅で見送られてそのまま 空港へ。4時45分の飛行機で鹿児島へ向かいます。東京湾横断道路の空気抜き?

飛行機からは雲

や富士山がきれいでした

2015年9月4日
8時10分のANAで東京へ。今回は二科100回展。新美術館で写真展を見ます。 鹿児島から来た鶴田会友や小村支部員と会いました。 本寺会員の遺作がありました

鹿児島からは6人の入選で,大田支部員がアサヒカメラ賞をもらいました

鶴田会友と地下で昼食をとって,総会と授賞式と懇親会に出ます。 米倉会友や宮崎からも知っている人がたくさん来ていました。 今年会友推挙の兵庫の森さんや,鹿児島出身で組写真で賞をもらった青戸さんや たくさんの人と会ってたくさん話すことができました。 夜は上野の近くに泊まります
2015年9月2日
雨模様でしたが,傘をさして近くの丘に登りました。 クロマダラソテツシジミ

ツマグロヒョウモン

イナゴの幼虫

ハグルマトモエ

などが雨宿りをしています。ナンバンギセルも雨に濡れていて

雨の日の撮影もいいものです。もっと雨の日にも出かけるようにしましょう