In se ct Di ar y トップページへ
虫の名前の間違いを教えてください
2015 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014 12月 11月 10月 9月 8月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年11月30日
今日はいい天気の小春日和。近くを歩きましょう。錫山へ。ダム横の廃路に入ります。 アカメガシワ?の葉の裏にクサヒバリが!でも,片方の触角と後脚がとれています。 丹下左膳です。

これはセスジツユムシのようですが?

奥の方は今年の台風で竹などがおおいかぶさって通れなくなっています。 引き返して火の河原へ。フユイチゴの葉にムラサキツバメ

廃校の庭の木にキオビエダシャクが1頭だけ

ケイトウに翅がぼろぼろのウラナミシジミ

ヒゴツバキにツマグロコシボソハナアブ

川辺の磨崖仏に行きます。ヒメシャラの木に,先日,フラワーパークでみたカメムシが。 オオクモヘリカメムシかなあ?

白壁にきれいな模様の初めてのシャクガ?

こっちはヒメカゲロウの仲間?

虫は少ないですが,磨崖仏の下のツワブキにヤマトシジミがきていました

2015年11月26日
年賀状は毎年,昆虫同好会の年会の席でU氏からもらっているのですが,今年はU氏が 来れなかったので,どこかに一緒にいこうということになりました。 彼はまだ務めているので,時間が自由でなく,今日ということに。 でも,時雨模様 (@_@;) 時に青空も出るので,寒いけど決行します。 今年新築したU氏宅から,彼の車で指宿へ。国民宿舎の池には,寒いのでトンボも飛んでいません。 見つけたのはナミテントウ

フラワーパークへ。早めの昼食をとって中へ。まず蝶の館へ。オオゴマダラがいっぱい

メスアカムラサキはぼろぼろです。奥の蝶の食草が植えてあるところへ。最初は何もいません でしたが,ちょっと陽が出ると虫たちが出てきました。これはクロボシセセリ

ツマベニチョウやウスキシロチョウも飛び始めました。でもやっぱり寒いのかトウワタの 葉にとまって日光浴を始めました。ツマベニチョウは普通とまると翅を閉じて,なんの 特徴もない翅の裏を見せます。このような日光浴は初めて見ました。 時雨模様も悪くない (*^^)v

暖かくなったのか,ハイビスカスで吸蜜してくれました

アサギマダラもトウワタの花で蜜を吸います

帰りにいつものセンダンの木の名札の裏を見たら,やっぱりサツマゴキブリとヘリカメムシの 一種が一緒に冬眠体制に入っていました

フラワーパークの横の空き地にたくさんの花が捨ててあります。まだきれいなサルビアや センニチソウなどをもらいます。知覧を通ってU氏宅へ。コーヒーをごちそうになって, 年賀状と綿の実をもらって帰ります。
2015年11月19日
運動不足解消に大口の小川内林道を歩きます。入り口には立ち入り禁止の看板が 立っていました。でも無視して入ります ^^; 虫はほとんど見つかりません。 空気もひんやり。でも,人気のない林道を歩くのは気持ちがいいです。 これはカゲロウの一種

ヤツデにイシガケチョウがきていました。ハエもいっぱい

ゆっくり歩いて1時間半ほどで終点の三叉路につきます。ちょっと腰をおろして休憩。 野菊にスジグロシロチョウが。虫が少ないのでシャッターを押します。

帰りに二反田園へ。まだオオアオイトトンボがいました

スイレンも咲いていて,ヒラタアブたちの食堂です

これはナツアカネかな

2015年11月16日
今日は指宿方面の虫を探索してみましょう。国民宿舎前の池はほったらかしで草ぼうぼう。 それでもマイコアカネが見つかりました。顔を青白く化粧しているのは雄だそうです

フラワーパークへ。ホシホウジャクが蜜を吸っています

クワズイモの葉の裏に集まっているのは,小さなカメムシ?

サザンカのような花は南方系の木のようです。ムラサキシジミとムラサキツバメが 来ていました。左がムラサキツバメの雄。右はムラサキシジミ

これはムラサキシジミ

こっちはムラサキツバメの雌

これはナツアカネ?

蝶園では,ツマベニチョウがギョボクに産卵にきていました

これはクロマダラソテツシジミ

カバマダラも数頭見られました

ツワブキにモンシロモドキが

ウスキシロチョウも

ハイビスカスにいるのはクダマキモドキ?

開聞公園の中をひとまわりしましたが,虫はほとんどいません。 サザンカにきているアシナガバチくらい (^^ゞ

2015年11月11日
今日は県民の森へ。まず薬草園から。入り口のヤツデが咲き始めています。 ヒメカマキリが花に虫の来るのを待っています

別のヤツデにはイシガケチョウ

やツノカメムシの一種

これは糞にきたセンチゴガネ

虫はほとんど見つかりません。帰りにもう一度入り口のヤツデを見たら,ヒメカマキリが 食事中でした

渓谷園などを歩いて,いつもの林道を散策します。 前に咲いていたタカネハンショウヅルは綿のような実に

ススキの葉にカナヘビが乗って,私を気にしています

ジンジソウはもう花が終わりかけ。ハラボソツリアブが来ていました

2015年11月5日
虫の姿を見られる場所も少なくなりました。今日は吉松へ。トイレの横のサザンカは 貴重な蜜源で,チョウたちが集まります。ツマグロヒョウモンの雌

ツマグロヒョウモンの雄

ベニシジミ

コチャバネセセリ

キタテハ

アカタテハ

上の池では,産卵しているキトンボにネキトンボがちょっかいを出しています

ミヤマアカネの産卵もあまりいいのが撮れないので,出水川に移動します。 アサヒナカワトンボは相変わらず多いですが,若い個体は見つからなくなりました

ペアも

いつまでいてくれるかなあ (*^_^*)
2015年11月1,2日
京都で基礎科2期クラス会があるので,久しぶりに参加します。ピーチ航空で関西空港へ。 10時16分の”はるか”にぎりぎり飛び乗って京都へ。京都は久―しぶり。少し早く着いたので ちょっと歩きます。東本願寺のすぐ横の水路にアオサギとマガモの夫婦。 ほとんど人を恐れません

場所は京都御所のすぐ近く,横に和気清麻呂を祭った神社があり,”さざれ石”がありました

基礎科学科はおもしろいところで,生物から数学までいろんな分野の人がいて,2期生には, 新聞でノーベル賞の一押し候補だった人(今年は残念ながら別の日本人が受賞しました) 箱根火山の噴火で新聞を賑わした人,人ゲノムで世界的仕事をした人などなど。 卒業後,独学で司法試験を受けて弁護士になった人,もう一度医学部に入り直して医者になった 人も。専門がばらばらで話が通じないところもありますが,いろんな分野の話を聞けるのは 基礎科学科ならではです。まだ現役で活躍中の人も多く,リタイヤしても信じられないくらい 元気な人もいて刺激を受けました。 会の後,3人で食事をしてホテルへ。1人の友人同じホテルでした。 2日は友人は大原を歩くそうですが,私はそんなに足が強くないので,すぐ近くの東山方面を 歩きます。京都市学校歴史博物館で”日本画余白の美”という展覧会を見ます。 途中の路地の京都らしい風景

これは建仁寺?の蓮池。コンデジですが,小雨模様でいい雰囲気でした

八坂神社?の竹垣

池の紅葉やツワブキ

知恩院?の石垣

白壁の秋草

ちょっと下ったところの苔におおわれた木の根

ベンチの落ち葉

歩道の落ち葉

平安神宮を通って,京都御所方面へ。疏水には人慣れしたキンクロハジロがいっぱい

疏水堰の紅葉

今日は京都御所の一般公開だそうなので,見て行きます。 紫宸殿

襖画もたくさん撮りました

しばらくぶりに虫以外の被写体を撮りましたが,京都は素材がたくさんあるようです。 少し地下鉄にのって,西本本願寺を見て,”はるか”で帰ります。