In se ct Di ar y トップページへ
虫の名前の間違いを教えてください
2016 3月 2月 1月
2015 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年4月30日
1日は本寺さんの1周忌の法要と,頴娃フォトクラブの写真展があるので,今日も近くをちょっと 歩いてみましょう。都市農業センターへ。睡蓮が咲き始めです。これはハキリバチの一種でしょうか?

あまり虫は見つからず,清浦ダムへ。 イチゴの花にニンフホソハナカミキリ?

カメムシの一種

金柑の館は休業中。そこから蒲生へ。先日見つけた散歩道を歩きます。ハルシオンに キマダラハナバチの一種がいましたが,尾を上げてくれません

こっちはウスグロマダラかな

蒲生について,ホタルの出る水路脇を歩きます。道が広くなりそうで,周りの草が刈ってあって 虫がいません。少し残っているハナウドにヒメハマキの一種が

2016年4月29日
今日は久しぶりに晴れました。県民の森に出かけます。まず薬草園へ。 池の横のあじさいの葉にホソフタオビヒゲナガが!ここにもいたんだ。 オスが見たいんだけれど,これは触覚の短いメス。オスには会えていません

これはムシヒキアブの一種?

ホソオビヒゲナガも

こっちはヒゲナガルリマルノミハムシ??

この透明な翅の持ち主は?クサカゲロウの一種?

クロヒラタヨコバイも久しぶり

トビサルハムシも

池の周りで結構いろいろな虫に会えました。上へあがります。栗の葉にいるのは クリミガかな?

ヤツデの葉の裏には,大きくなったカメムシの幼虫

今日は祝日なので,薬草園を案内してもらっている子供からお年寄りまでの団体がいます。 カメノコテントウ

やクルミハムシも。メスのお腹は卵ではちきれそう

ナルコユリ?にヒゲナがハナバチの一種

渓谷園に移動します。ガマズミの葉の裏に,ガガンボの一種。 最初はトリバの一種かなあと思ったのですが,脚が長ーい

流れの横にエダシャクの一種??

これはあちこちで見かける蛾。飛ぶと黄色い下翅が目立ちます。 タイワンキシタアツバかな?

いつものように林道の途中に車を止めて,前後を歩きます。 これはサルハムシの一種のようですが

こっちはヒロバカゲロウの一種

ここにもホソオビヒゲナガが。葉の先にとまって,長い触覚をゆらゆら揺らしています。 メスのフェロモンを探っているのでしょう

これはアカハムシダマシかな

黒い翅に白い一文字。ネットで調べたらウツギヒメハマキのようです。 横にいるのはマルウンカ

毛むくじゃらのオオイシアブも

チュウレンジバチが,ノイバラの茎に産卵中

アオスジアゲハがウツギノ花に。ちょっと面白い格好に撮れました

これはメバエの一種

カワゲラの一種のペア

これはハマキガの一種かなあ?

アナグマ?も現れました

そういえば,先日ここを歩いてホソハマキモドキの一種を撮っていたとき, イタチが崖の上から降りてきて,カメラを構える私の目の前50センチで,鉢合わせを したっけ。向こうもちょっと不思議そうな目をして,急いで引き返したっけ
2016年4月22日
明日からしばらく雨の予報です。今日は大口でたくさん遊んできましょう。 芳が野林道は,昨日の雨で水が流れています。路の横にアカガネサルハムシが。 幸先いいです

路の横が小さな滝になっているところで,オビコシボソガガンボが

卯の花にいるこっちは,お腹が白い。オビコシボソではないような?

これはカメムシの幼虫

橋の近くにいたのはフジハムシ

これはゴミムシの仲間?

ハナイカダの花を気にしているのはコフキゾウムシ?

スカシシリアゲモドキも出ています

小川内林道へ移動。この林道にはシャガの花がたくさん。 ナミハナムグリ

オオツマキヘリカメムシ

それにきれいな緑色のアオハムシダマシ

小さな流れの近くにはスカシヒロバカゲロウ?

これはアカハネムシかな

若いアサヒナカワトンボもたくさん

イタドリの新芽がニョキニョキと伸びています。葉の付け根から出る甘露に夢中なのは ベニボタルの仲間(ジョウカイボンの仲間だろうとM氏から指摘がありました <(_ _)>  ムネアカクロジョウカイかな?)

この林道でもアカガネサルハムシが出てきました

林道の終わりの三叉路でちょっと休んで引き返します。 セダカコガシラアブの一種もあちこちに多いです

イカリモンガもたくさん

アケビの花が咲いています

近くでサカハチチョウが,まるでゼフィルスのようになわばりを張って?近寄る のを追いかけまわします。追い払ったら元のお気に入りの葉に。 同じサカハチチョウでも,やぶの中をうろうろ飛んでいるのも数頭。雌かな?

10頭近くのサカハチチョウを見たのですが,花に来ないのでなかなか撮れません でした。蕗の葉の上にへんなものが

落ちた木の葉でひっくり返すと少し脚を動かしました

帰ってからネットで調べるとミミズクの幼虫のようです。初めて見ました。 幼虫がいるということは,秋口には成虫もいるはず。秋の散歩が楽しくなります。 白い紋がありませんが,ヨツメトビケラも姿をみせました

これは先週初めて認識したヒョウタンナガカメムシ

今頃が旬なのでしょうか。入口まで帰ってきました。 これはヒメバチの一種?

自動車のボンネットにいるのは,カタクリハムシ??初めての認識です

2016年4月17日
この時期は気持ちがいいので,3日に1度くらいは歩かないと落ち着きません。 今日は,ちょっと時間を作って2時間ほど牟礼が丘を歩きます。 ツワブキの葉の裏にアワフキの仲間のアワが見えます

横にアワから出て歩いているものも

蝶はいくらか見られました。これはたぶんオナガアゲハ

こっちはたぶんルリシジミ

出口付近で初めての虫に会いました。ネットでみると,ヒョウタンナガカメムシの ようです

2016年4月14日
今日はいい天気です。県民の森を歩きましょう。まず薬草園へ。 松の葉にマツカレハが食事をしています。でもなんで,あんな細い葉を2頭で?

池のそばの看板にトゲヒゲトラカミキリのペアが。もう出てるんだ

あまり虫は見つかりません。渓谷園へ移動します。木の幹にホソガの一種

こっちはトビケラの一種?

ガマズミの花がちょうどいい。毎年見るシロトラカミキリ

やトゲヒゲトラカミキリ

が夢中で食事中。林道を下りながら,途中で車を止めて周りを歩きます。 新緑も風も気温も,気もちいい!咲き始めのヤマツツジにカラスアゲハ

途中の森にはギンリョウソウ

白い粉みたいなものがぴろぴろ飛んでいて,なかなかとまりません。 この時期によく見かけるホソハマキモドキの一種です. とまるとなかなかおしゃれ。

コミスジも新鮮です

これはアカビロードコガネかな

トラフシジミも出てきてくれました

2016年4月11日
今日はうす曇り。まず吉松へ。ゆったり館の前の広場にはスミレがいっぱい。 ベニシジミもたくさん

草の上をすれすれに飛び回っているのは,ナラチャイロコガネ?この時期に たくさん見かけます

ヨコズナサシガメは,ほとんどばらばらになりました

スイバの葉にいるのはヤナギハムシ

おにぎりを食べて,えびのへ移動します。これはアトボシハムシ

ツバメシジミをシロツメクサの花で見つけました

ベニシジミも元気です

気持ちのいい田の中の道を散歩しましたが,めぼしい虫には会いませんでした。 帰りに竹山ダムに立ち寄ります。ツマキチョウのメスがムラサキケマンの花の蜜 を求めていました

これはプライアシリアゲかな?

これはヘリグロホソハマキモドキ

オビコシボソガガンボも健在です

2016年4月8日
菜種梅雨みたいで天気がよくありませんが,今日は雨は降らない予報です。 春型のミヤマカラスアゲハも気になるので大口方面へ行きましょう。 ムカシトンボの羽化殻を探そうと川に降りると,アサヒナカワトンボが羽化していました

もう11時近いです。朝方は雨だったので,羽化が遅れたのかな。 最近,羽化を目当てに早起きすることもないので,羽化を見るのは久しぶりです。 すぐ横にギンリョウソウが見つかりました

ムカシトンボの羽化殻は見つかりません。丁寧に探したわけではありませんので, どこかにあるのでしょう。それとも雨に流された? 通行止めの橋を渡って奥を歩きます。 虫はまだ早いのか,陽が差さないせいなのか,あまり見つかりません。シャガがもう咲いています。 そしてセダカコガシラアブも

笹の葉の上にアトボシハムシが。今の時期が多いのかな?

イチゴの葉にはシロオビナカボソタマムシがいーっぱい

奥まで行きましたが,虫がいないので小川内林道へ移動します。入口のシャガの花に ヒゲナガハナバチの一種が休んでいる様子です

こっちはコハナバチの仲間?

虫の姿がないのでどんどん上ります。サツマイナモリに来ているスジグロシロチョウを撮ります

イカリモンガだけはあちこちで見かけました

ワラビの新芽に産卵しようとしているものもありました。三叉路まで1時間半,下りは1時間。 気持ちのいい散歩道です。下ってきて,ムカシヤンマのポイントを見に移動します。 なかなかいい雰囲気で残っていまので,4月下旬には羽化が始まることでしょう。 近くの笹にはタケトゲハムシがいーっぱい

桜の新芽ではムネアカアワフキもたくさん

最後に二反田園に寄ります。車を止めたら,すぐ横をツマキチョウがふらふらと飛んでいます。 もう夕方なので,飛び疲れていたのか,タンポポでゆっくり吸蜜してくれて,写真を撮らせて くれました

となりの菜の花畑にはベニシジミがいーっぱい

池にはホソミオツネントンボが数頭

水草にはキンイロネクイハムシが。これも今頃が多いのかな

2016年4月5日
今日は4時から尺八の練習。でも,明日から天気が悪くなりそうなので, 午前中,牟礼が丘を2時間ほど散歩して虫たちに会ってきましょう。 この散歩道は,今までに人にも車にも出会ったことがありません。 シマカンギク?は去年の秋から咲いている?カスミカメ?の仲間がいました

春型のアゲハチョウ。小型で,ギフチョウのようです

キランソウ(地獄の釜のふた)にツマグロヒョウモン

イチゴの花に何かいます。ムネアカクロジョウカイかな?

タンポポも元気がよくなりました。越冬したタテハモドキが,ずっと蜜を吸っています

ルリタテハも越冬明け。これから卵を産むのでしょうか?

持ってきたバナナを食べて少し休んで引き返します。 ススキの葉の上に思いがけずアトボシハムシが! ススキの葉にはまだ朝露が残っています

イチゴの花では常連のケシキスイ

これはヒメバチの仲間??

ツワブキの葉の上にナラチャイロコガネ

これはムシヒキアブの仲間?

初めて人に会いました。私よりもちょっと若い老人が,道の横で小さなスコップを握っています。 近くの団地の人で,植物採集だそうです。ちょっと歩いたところの寒菊?にヒラタアブのペア。 小さなハチの仲間?も飛んできました

この路ではあまり虫を期待しないのですが,今日は春を満喫することができました。 帰って少し休んで,尺八の練習に出かけます。
2016年4月2日
花粉も少なくなってきました。夜は支部の例会ですが,天気がいいので,それまでに虫を 見てきましょう。都市農業センターへ行きます。蓮池にはホソミイトトンボがいーっぱい

レンゲに来ているミツバチを前から撮ります。シャッタースピードが1000分の1以上でないと 翅が写らない

池の睡蓮の葉が水の上に出てきて,アメンボが休んでいます

蒲生の山の中にいい散歩道を見つけました。が,虫は少ない。 キジムシロ?にクロハナカミキリ??を見つけただけ

いつもの蒲生の林道へ移動します。芽をだしはじめた栗の枝にコフキゾウムシ

ムラサキシジミが翅を広げてくれました

アサヒナカワトンボの茶翅型が出ていました

4時ころには帰って,少し休んで例会に出かけます。