In se ct Di ar y トップページへ
虫の名前の間違いを教えてください
2016 4月 3月 2月 1月
2015 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年5月30日
また大口へ。ちょっと遠いけどここが一番歩けるし,自然が多い。 車を止めた所のピンクのイバラにカミキリが。 いつもの奴だと思って撮ったのですが,帰って調べると,エグリトラカミキリみたい。 初めて認識しました

林道を歩くと,きれいなさえずりが聞こえます。ちょっと遠いけど撮ってみます。 あまり特徴のない小鳥で,名前がわかりません (^-^; ミソサザイよりも少し大きくて違うさえずり。ヒタキの仲間??

橋の近くで今年初めてのヨツキボシカミキリ

川に降りてみると,ヒメサナエがたーくさん。どの石の上にも1頭ずつなわばりを張って メスが産卵に来るのを待っています

1時間ほど遊んで,早めのおにぎりを食べて,小川内林道へ移動します。 入口のアザミにカスミカメの仲間が

切られた木の上を歩いているのは,キセイバチの一種

ススキの葉の裏のマダラハネナガウンカは,今年の初見

これはオオゴマダラエダシャクかな?

キチョウのペアがやってきました

シダの葉にいるのは,クリオビキヒメハマキ??初めての認識です

これはムシヒキアブの一種?(FBに出ていました。カワムラヒゲボソムシヒキ)

マドガがヒメジョオンにきていました

ムラサキシキブの葉裏にジンガサハムシの幼虫。脱皮殻を背負っています

アザミにイカリモンガが。チャンスと思ってレンズを向けましたが,ちょっと様子がおかしい。 よく見ると,クモに捕らえられています

トゲオトンボも今年の初見。メスのようです

三叉路まで来て小休止。引き返します。午後の陽にカゲロウの一種が

入り口付近まで帰ってきたとき,ヒメジョオンにキスジカンムリヨコバイが! 2度目の出会いです。前回もこの林道でした

毎回,何かが出てきてくれます。
2016年5月26日
また明日からしばらく雨の予報ですが,今日はなんとかもちそうです。近場を歩きましょう。 都市農業センターへ。睡蓮が咲きはじめで,たくさんの人がレンズを向けています。 奥を歩きますが,虫はあまり見つかりません。しょうがないので,ノイバラの露を撮ります

やっと見つかったのは,ムラサキシキブの葉のジンガサハムシの幼虫。

清浦ダムへ移動。これはルイスコメツキモドキ

こちらはホオアカオサゾウムシ

バッタが着ているものを脱いで大きくなろうとしています

ハマキモドキの一種や

アトボシハムシ

カメムシの幼虫

も見つかりました。海苔巻きを食べて移動。久しぶりに蒲生の林道を歩きます。 なかなか虫が見つかりません。クモがアリをつかまえていました。

ここにもジュウシチホシハナムグリが

椎の木の切り株に,ミツギリゾウムシが!2度目の出会いです

ペアのほかにもう1頭いました。 肩が白いこのコメツキはサビキコリの仲間?

キイロクチキムシも

ハエの仲間?

イタドリの葉の上のアシナガキンバエもきれいです

これは前にコガシラウンカの一種と教えてもらいました

キスジセアカカギバラバチも。3度目の出会い。珍しくない?

これは白いゾウムシ?コフキゾウムシではなさそうですが? FBで教えてもらいました。コフキサルハムシだそうです 

ノイバラでチュウレンジバチが産卵中

帰りにもう一度ミツギリゾウムシのいたところを覗きます。 サビカミキリの一種

や,初めてのナワコガシラウンカ?が見つかりました

今日は最初はあまり虫に会えませんでしたが,後になって結構たくさん 愉しむことができました。 56歳の時に買ったフォレスターも,走行距離が26万kmを超しました

2016年5月23日
明日からしばらく雨の予報です。今日は昼から2時間ほど牟礼が丘を歩きます。 出てきてくれたのはトンボエダシャク

あれ!これは初めて。ムシヒキアブの仲間?最初は翅を開いていた のですが

周りはスギやヒノキの植林なのであまり虫は期待できませんが,下草も生えています。 トビイロツノゼミを見つけました

変な恰好をしているミバエ?の一種も初めてです

ヒメキマダラセセリ

バッタの幼虫はたくさん

アオカミキリモドキもいました

これはシギアブの一種かなあ?

ゆっくり歩きながら,クサイチゴやキイチゴを食べながら,いい運動になりました
2016年5月21日
今日は近場の県民の森。薬草園へ。笹の葉の上にアシナガコガネ

これはミスジガガンボ

アジサイももう少し。カマキリのチビちゃん

椿の葉にニセシラホシカミキリ

クルミ?の葉にはキボシルリハムシ?の幼虫が

隣にはたくさんの卵を抱えたメスも。今日は土曜日で,薬草の講習会があるようです。 渓谷園へ移動します。あまり虫が見つからないので,マダラアシナガバエを撮ります

いつものガマズミの葉の裏を覗くと,ヒメカゲロウ?の一種

小川のそばの木に,思いがけずムカシトンボの羽化殻

ここでも発生しているんだ。羽化や産卵にも気を付けなくっちゃ。 アジサイの葉に,今年初めてのキリギリスの一種の幼虫

いつもの林道を下ります。ススキの葉の裏にミバエの一種

クワの葉の裏に,ハムシの幼虫

側溝にきれいなカエル。何と言うんだろう?

ベニボタルの一種のペア

キンイロジョウカイ

虫はあまり見つかりませんでしたが,気持ちのいい散策を楽しみました。
2016年5月18日
晴れの日が続きます。今日は大口へ。芳が野のいつもの場所にくるまを止めます。 すぐ前のハルシオンは今年は小さくて,期待したキマダラハナバチは見つかりません。 林道の入口のアザミにミヤマカラスアゲハ

とクロアゲハ

ちょっと歩いた路のわきのコガクウツギ?にハナカミキリの一種

やジュウシチホシハナムグリ

やスカシシリアゲモドキ

足元にはゴミムシの仲間

左から水が落ちているところのイタドリの葉の裏にアオカミキリモドキ

ガードレールの上をトビモンオオエダシャクの幼虫が歩いています。 時々とまってあたりを見回します

これはキンイロジョウカイだと思います

橋のところまで来ました。カマキリのチビちゃんがいっぱい

これはアメリカミズアブ?

この蛾はなんでしょうか?ヤガの仲間だと思いますが

小川内林道に移動します。あまり虫に会えません。しばらく歩いて2番目の橋の横に ハスジカツオゾウムシ

隣のイタドリにはカツオゾウムシがいっぱい

イチゴの葉の横にヒョウタンゾウムシのペアが。クロオオアリもすぐ近く

ヨツメトビケラは黒いのばかり

三叉路まで歩いて引き返します。途中でアカガネサルハムシに会いました

ウドの葉に,キスジセアカカギバラバチ!2度目の出会いです

葉に,目に見えないくらい小さい卵を産んで,蛾やハバチの幼虫にたべてもらい, 幼虫のお腹の中にいる寄生バエの幼虫などを食べて成長するのだそうです (◎_◎;)  そういえば,ウドの木の下の方にハバチの幼虫がいました。 隣にいたのはムモンホソアシナガバチかな?

入り口付近まで帰ってきました。アザミにダイミョウセセリ

ヤマサナエも飛んでいました

2016年5月13日
昨日は公園で車で寝ました。起きたらもう朝陽が出る直前。 急いでホタルのバック用の写真を撮ります。後で合成するつもりです。 同じ道を帰るのも面白くないので,西米良〜小林を目指します。 途中の道は狭い (+o+) ダムの横で,昨日から気になっていた左後輪のタイヤを換えます。 後で,ディーラーにもっていったら,タイヤの横の修理できないところのパンクだそうで 結局取り換えることに (*_*; 山道に入る直前で林道を歩いてみます。 ジャケツイバラにいるのはハマキガの一種?

コガクウツギがきれいです

ミツマタの木が多いです。葉の上にいるのはヒメバチの一種?

カシルリオトシブミ

これはゴミムシの仲間かなあ?

初めてのホシオビコケガだと思います

久しぶりのルイスコメツキモドキ?

ホソマダラシリアゲ?

道はところどころ広くなっていますが,基本は狭い。対向車が来ると広い所まで バックします。急に広くなったところにジャケツイバラの大きな木がありました

また林道を見つけて歩きます。イチモンジチョウがウノハナに

青いジュウシチホシハナムグリも

これはホソハリカメムシかな?

ミヤマクロハナカミキリ?も

新緑がきれいで気持ちいいです。5ミリもない小さなゾウムシは,FBで聞いたら, サルゾウムシの一種かも?

また狭い道が続きます。抜けた場所でウノハナで,ハナカミキリの一種

や,スカシシリアゲモドキ?

小林に着きました。出水川をのぞいてみます。二ホンカワトンボは健在です

アオハダトンボはなぜかメスばかり

ヒメカメノコテントウのペア

ダイミョウセセリも

ゆったり館の様子を見に行きます。草がきれいに刈られていて虫がいない (*_*; やっとウスモンオトシブミを見つけました

これはタケトゲハムシ

6時過ぎには帰宅します
2016年5月12日
今日は昨年,KIさんに教えてもらったヒメボタルを撮りに宮崎に出かけます。 途中,縄文の森のウマノオバチの様子を見ましたが,1頭も見つかりません。 ベッコウガガンボもカシコスカシバも,スズメバチさえいません。 薬を撒いたのではないと思いますが心配です。見つかったのはオオヒラタシデムシ?くらい

都城を通って,10号線を通って宮崎へ。途中数か所に入り込み,虫を探しましたが, こういうやり方は効率が悪い。見つかったのはアシナガコガネ

ダンダラテントウ

ムシヒキアブの一種?くらい

現場に少し早めについて,夜を待ちます。暗くなり始めたころ,思いがけずYOさんが やってきました。ほかにも一人。ヒメボタルは光り始めるのにちょっと時間がかかりました。 それに今日は月の光が邪魔をします。次回は曇りの日に来ましょう。 人に言わない約束ですので,写真は載せられません (^-^;
2016年5月11日
9時ころから頴娃中央温泉へ。本寺氏1周忌記念の頴娃フォトクラブの写真展を見て,ちょっと 時間があったので温泉に入ります。出てきたら,みんながもう取り外し中。 しばらくしてTM氏がきて,4人でそばをごちそうになりました。 また,山好きで,額を手作りしている方から,楠で作った額をいただきました。感謝!  その後,滝の写真撮影会。途中,ラミーカミキリを見つけました

滝は先日の雨で水量が多い

しばらく撮影して,別の滝へ。ここはわかりにくい。水草がきれいでした

みんな熱心です

入り口付近には田の神さあが鎮座していました。

フォトクラブの一人に大きな道まで案内してもらって,私はここで失礼します
2016年5月5日
1日は本寺さんの1周忌の法要と,頴娃フォトクラブの写真展。 4日は,菊池に地震見舞いに行きました。今度の熊本地震では菊池でも震度6強の揺れがあり, 停電や水道の濁りがあったそうです。高速道路が開通したということで出かけたのですが, 乗ったら八代ー御船の通行止めの標識が出ました。今日,8時過ぎの震度4の地震の点検だったようで, 八代に着く頃には解消しましたが,その後,益城空港出口までは片側車線が崩れていて対面通行。 1時間以上かかるとのことで,高速を降りて一般道を熊本へ。途中から東バイパスを通って菊池に 着きました。実家,おばさんの家,恩師の家,友人宅を見舞いました。幸いあまり被害はありません。 夜は九重で車中泊をして,大分の写真の先輩宅を見舞う予定でしたが,九重方面の一般道が通行止め とのことで,あきらめて鹿児島に帰ることにします。 渋滞の高速道を抜けて,栗野に着いたのが午後8時過ぎ。明日は晴れそうなので写真を撮ろうと, 栗野で降りて温泉に入り,丸池公園の駐車場で寝ます。 5時ころ起きだしてゆったり館へ。昨日は風が強かったので,霧はあまり出ていません。 ハルシオンがたくさん咲いています。これはムシヒキアブの一種

翅がいたんだベニシジミがまだ寝ています

触覚の長いのはトビケラの一種

これはツトガの一種かな?

アサヒナカワトンボ

流れの中の草にいるのはトビケラの一種?

萱の穂に,ヒラタアブがたくさん

山越えで大口へ行きます。途中で眠たくなって,30分ほど仮眠して,芳が野林道へ。 これはオオヘリカメムシ

ここにも触覚の長いトビケラの一種が。こっちはヨツメトビケラかも。

路の横から小さな滝が落ちているところの近くに,何やら飛んでいます

とまったところを見ると,ハエの一種で,メスはオスからのプレゼントに夢中

近くにはスカシヒロバカゲロウ

これはチビタマムシの一種。ハエと比べると小ささがわかります

これもチビタマムシの一種

ムシヒキアブのペア

ジンガサハムシの一種

車を止めたところに戻ります。ハルシオンは咲きはじめ。期待したキマダラハナバチは来ていません。 ベニシジミはいっぱい

小川内林道へ移動します。少し疲れ気味ですのでゆっくり上ります。アザミにヒゲナガハナバチの一種が たくさん

これはクズチビタマムシ。黄色い襟巻をしています

これは初めての虫。FBで,ベニボタルに擬態したミヤマベニコメツキの可能性が高と教えてもらいました

これはフタホシシロエダシャク

イタドリにたくさんのキセイバチ?やオオツマグロハバチ

カツオゾウムシのペアも

これはツマキヘリカメムシかなあ

この前蛹は蛾のようです

何とか終点の三叉路まで来ました。ハーブのど飴をなめて下ります。 これはヨツメトビケラ。白い星の付いたものは1%くらいしかいないような?

黒いものは結構見ます

今日もアカガネサルハムシに会えました

ジョウカイボンの一種のペアも

ここにもスカシヒロバカゲロウが。作品にしたいんだけど,なかなか

ウツギの花にアトボシハムシ

これは小さなハマキガの一種

この5ミリほどの甲虫は?FBで,キボシテントウダマシと教えていただきました。 キノコなどを食べるそうです

帰宅は7時前。疲れたけれど,充実した1日でした