In se ct Di ar y トップページへ
虫の名前の間違いを教えてください
2016 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年8月29日
雨が降って,台風が大陸の高気圧を送ってくれて,さすがの猛暑もそろそろ終わりに近いようです。 今日は大口へ。アブがまとわりますが,やっぱり山はいいです。小川内林道の入り口付近に サオトメバナ(ヘクソカズラでもヤイトバナでもありません (^-^;)が咲いています

ダイミョウセセリや

ヒメキマダラセセリが蜜を求めていました

これはハマキモドキの一種

こっちはコマユバチの一種

これはササキリの幼虫かな

ススキには相変わらずたくさんのクロコノマチョウの幼虫がついています。 顔を正面から撮ってみます

アオバセセリが葉の裏にいました。春以外に見るのは珍しい?

サカハチチョウの夏型も

これはダイミョウセセリ。なかなか横から撮れません

この林道は最近手入れがされていなくて,草が茂ってきました。虫にとってはいいのですが 歩きにくくなりました。2時間ほどかけて,終点の三叉路まで来ます。 しばらく休んで引き返します。これはシロオビアワフキ

ハマキモドキの一種

ススキの葉の上で,セスジツユムシがいつものかっこうでじっとしています。 なんでこんなかっこうをするんでしょうか?山風が長い触覚を揺らします

セイタカアワダチソウの葉に小さな1センチくらいのヒメカマキリの幼虫。

普通のカマキリはもうずいぶん大きくなっているのに,こちらはまだ幼虫? オンブバッタも

咲き始めのヒヨドリバナ?にアサギマダラ

これはルリハムシ??

タケノアブラムシの中にいるのは蛾の幼虫のようだけど?

小さな黒いヒラタアブの一種?

ヌスビトハギ?の小さな花にもコハナバチの一種?が来ています

ススキの葉いるのは,以前FBで教えてもらったツマグロヒメコメツキモドキ

2時半を過ぎました。久しぶりに宮人池へ立ち寄ります。 池の縁の草むらに,思いがけずギンイチモンジセセリの夏型を見つけました

昔あれほどたくさんいた コバネアオイトトンボは見当たりません。代わりにアジアイトトンボ?

奥の路にはヒメアカネ?

今日は楽しく虫たちと遊ばせてもらいました。
2016年8月21日
2日前はあまり虫に会えなかったし,新川林道も気になるし,家にいるよりも外の方が 過ごしやすいので,出かけることにしました。今日は日曜日。予想どうり,工事は休み。 林道入口は入れなくしてありますが,その前に車を止めます。少し歩いたとき, 軽トラックのおじさんがやってきて,通せんぼを横にずらして,林道に入ってきました。 水をとりに来たそうです。最初に出てきたのはスケバハゴロモ

これはシャクトリムシの顔。かわいいです

ミスジガガンボも見つけました

川原に下りてみます。アオスジアゲハが浸み水を吸っています。全部で12頭

こちらはコチャバネセセリ。水はお湯になってるかも (^-^;

この林道も周りは杉林であまり環境はよくありません。路の横に紫の花があちこちに あります。帰って調べたら,スズムシバナのようです。昔も調べたことがあったかな (^-^;

行き止まりに湿地があり,ギボウシが咲いています

ハッチョウトンボでもいそうな湿地なので入って調べましたが,キイトトンボとハラビロトンボ だけ。なんでー?きれいなキオビトビノメイガが見つかりました

引き返す途中,先ほどのおじさんが路ばたでオオバコやドクダミをたくさんとっていました。 漢方薬にするのだそうです。この小さな蛾は,オドリハマキモドキに似ているけれど, ちょっと小さすぎます

右目の方がよく見えるので,だいたいは路の右側の虫を見つけて歩きます。帰りは来るときの 反対側。こっちでもスケバハゴロモがたくさん

コハナバチ?のペアが,クモの糸につかまっていたので,離しました

小さいけれど,触覚の長い虫を見つけました。チャタテムシの一種のようです

林道を出て,薬草園のテッポウユリを見てまわりましたが,虫は入っていません。 渓谷園へ回ります。このアブはなんでしょう?桜の木に産卵している様子でしたが

いつも歩く川沿いの路の通行止めは解除されていましたが でも歩く元気がありません。家でのたのたしている時間が長くて 体力が落ちています (´・ω・`)
2016年8月19日
漢方薬を初めて飲んでみて,喉もほとんど気にならなくなった。 雨がなくてカラカラ天気。暑さも今年は今までにないくらいだけれど,ずっと家に いるわけにもいかない。外の風に当たった方が涼しいかも。 まずは薬草園へ。テッポウユリがたくさん咲いている。近くのカノコユリ?に ナガサキアゲハが

キオビトビノメイガは今が旬なのかな

ヘクソカズラ(ヤイトバナ,サオトメバナ)の花にコハナバチ?ガたくさん。 見ていると.あの長い花筒に頭からもぐりこんで,30秒くらいで尾から出てきます

他にこの花の蜜を吸える虫はいないのかな? 小さな何かがクヌギの葉の先にとまったので,レンズで覗いてみたら,ヨコバイのよう

先日,U氏と出かけたとき,県民の森の川沿いの路が通行止めだったので,今日は 新川渓谷を歩くつもり。ところが行ってみると,入り口が工事中で通行止め。 思い立って,大川原狭へ回ります。ところが,和気神社のあたりから道を間違えて, ずいぶん遠回りをして大川原狭に着きます。ここの路は川沿いで気持ちがいいのですが, ちょっと手入れが良すぎて虫が少ないような。これはキノコの下で休んでいるガガンボ

ちょっと歩いたところで,思いがけず二科支部のS氏に出会いました。 彼は都井の岬ばかりかなと思っていたのですが,いろいろ撮っているんですねえ。 わかれて先へ行って脇道に入るとイワタバコの花が咲いていました

林道の横に池があって,タカネトンボが巡回していました。久しぶりです

これはゾウムシの一種ですが,体に棘がついています

後から工事車両がやってきました。後でわかったのですが,日曜日にこの路でマラソン大会が あるそうです。仕方がないので引き返して脇道を上ります。なかなかよさそうな脇道でしたが 虫はほとんど見かけません。やはり杉林の中だからでしょう。シャッターを押したのは クロコノマチョウの蛹だけ

路を歩いても虫がいないので,川へ入ってみます。イシガケチョウを見つけました

時間もそろそろだし,あまり疲れるとまたぶり返すので,ここで帰ります
2016年8月13日
ニュウギニアから帰って来て、のどの突っかかりがずっと取れないが, そんなに体調が悪いわけではない。しばらく歩いていないので,自然を見に大口へ。 小川内林道の入口にはテッポウユリがいくつか咲いている。中を覗いたが虫は見つからない。 ススキにはいろんなステージのクロコノマチョウの幼虫が見つかる。 これは,孵化したばかり?卵を食べている?

これはシロヒトリかな

小さな面白いガを見つけた・が・葉の裏にとまるのでうまく撮れない。スカシバの一種だと 思いますが(FBに出したら,西田さんからニセマイコガだろうと指摘がありました。ウェブで ニセマイコガを調べたら,クロテンシロマイコガにそっくりです)

これは昔,蒲生の林道で会った以来のセスジナミシャク

2番目の橋の横のカナムグラ?に小さなヒメカマキリを見つけました。 右上には脱皮殻と思われるものがあります

サカハチチョウの夏型も数頭出てきました

3番目の橋まで来ました。今日は無理をせずに,ここで引き返しましょう。 ちょっと下りかけたら,ずいぶん大きくなった”うりぼうず”が4〜5頭路を横切りました

先ほどやぶの中から聞こえてきたイヌみたいなうなり声は,イノシシの親の声だったようです。 そのあと私の後ろをついてきたのかな? 路の脇には,鼻で掘ったらしい跡がいくつかあります。 入口まで来たとき,先日も見たキオビトビノメイガが出てきて,ガードレールにとまりました

今日は出るのが少し早かったので,まだ1時前です。芳が野林道へ回ります。 日陰で買ってきたフクレを食べて歩きます。歩きだしてすぐに,草の葉の上で何かが 飛び回っています。ハエとはちょっと違うようです。レンズで覗くと,ハナノミです

すぐ下に倒木があるので,そこから出てきたのかな? ハナノミはなかなか観察させてくれませんが,今日は,あっちの葉,こっちの葉と飛び移って 葉の上でなにかなめている様子です。セミのおしっこでもついているのかな。 ゆっくり歩いて上の橋の横の林道を上ります。あまりこれといった虫は見つかりません。 これはシロモンノメイガ

これはコガの仲間かな?

これはエダシャクの仲間。面白い格好をしています

これはガの卵かな?

キアシナガバチかな

帰りに先ほどのハナノミの場所を見たら,まだいました。 それも2頭。片方はメスのようです。オスは少し小さい. 先ほどと同じ種類かなあ?

帰りに二反田園に寄りましたが,少し荒れていて,ハスもほとんど咲いていません。 チョウトンボも少ないような。 西牟田に寄って,水やりようのホースを買います。 前のは,20年以上使いました