In se ct Di ar y トップページへ
虫の名前の間違いを教えてください
2016 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年11月22日
小春日和です。散歩するのにいい季節。出かける前に庭のサザンカを見たら, キタテハがきていました

他にもムラサキツバメ

イチモンジセセリ

今日も気になっている県民の森のオオアオイトトンボを探しに出かけます。 いつもとは逆の姶良から入ります。池には陽が当たっていたけれど,オオアオイトの 姿は見えません。上の川に行くと,ここはまだ陽が届いていません。でも マユタテアカネたちはもう仕事中

道まで降りて下へ降りようとすると,手すりにヒメカマキリが。まだ幼虫の姿です。 ブログによると,ヒメカマキリは卵で,サツマヒメカマキリは幼虫で越冬するそうです。 とするとこれはサツマヒメカミキリかもしれません

川に下りる途中でピロピロと飛んでいたホソミイトトンボ。成虫越冬のために 栄養を蓄えなくてはいけません

薬草園へ移動します。入口にツマグロキチョウ

池では,思いがけず,オオアオイトトンボが産卵をしていました

ウメバチソウの様子を見に行く予定でしたが, 今の時刻なら,と思って,もう一度渓谷園の池へ引き返します。が,オオアオイトトンボの 姿はやはり見つかりません。11月12日のオオアオイトトンボはいったいどこへ? 駐車場には楓の葉がたくさん落ちていて,コガタツバメエダシャク?がいました

川沿いの林道を下ります。ジンジソウは今が盛りかも

通行止めの看板から左を上ってみましたが,もう夕方で,虫は見つかりません。 帰りにクロコノマチョウが出てきただけ

2016年11月16日
今の時期は虫はあまりみつかりませんが,トンボだけはまだまだ見られます。 トンボに会いに吉松へ。トイレの中にクダマキモドキ?が。 外に咲いているサザンカにとまらせてみました

先日は草ぼうぼうだったのに,今日はきれいに草刈りがすんでいます。 桜の木にシマトビケラの一種?

今年はヨコズナサシガメが少ない。水路にコガタノゲンゴロウ

先日と同じ研修施設の網戸にカマキリ。動いてないことはないと思うけれど

上の池には,オオアオイトトンボ

キトンボ

ミズカマキリが

下の水たまりでクロイトトンボ

ミヤマアカネもたくさん産卵していたのですが,撮ってない (^-^;  キトンボの堤に廻ります

他にはネキトンボも。写真を撮っていたら,女性が網の中に入ってきました。 何をしているのか気になったようです。軽自動車で回りながら,老人介護?保険? 午後1時ころまでいて,新川渓谷へ回ります。大きな自動車のトランクを開けている 女性がいました。やはりウメバチソウを見に来たそうです。ウメバチソウは先日と 比べて急に花を開いた感じでした

でもここは滑りやすいので,川に落ちないように細心の注意を払います。 午後4時近くなったので,県民の森の渓谷園の池へ。そろそろオオアオイトトンボの ペアが見られる時刻です。ところが,先日あんなにたくさんいたのに ペアどころか,1頭も見つかりません。いったいどうなってるの?
2016年11月13日
今日は昼から邦楽演奏会を聴きに行く予定でしたが,天気が良くて暖かい。 明日から崩れる予報なので,牟礼が丘を散歩することにしました。 この路は草刈りがしてなくて,白と黄色の野菊,ツワブキや咲き残りのオトコエシ が咲いています。野菊にオオホシカメムシを見つけました

葉の上にいるのはクダマキモドキかな

ツワブキにツユムシ?

野菊にはクロウリハムシが多い

ヒヨドリジョウゴの実も見つけました

路はほとんど平で,往復2時間強の散歩です
2016年11月12日
暖かくていい天気。こんな日はどこかを歩かないとうずうずします。 まず新川渓谷のウメバチソウの様子を見に行きます。 予想に反して,まだ蕾が多い

少し引き返して,薬草園へ。池ではたくさんのマユタテアカネが産卵中

でも,バックがごちゃごちゃで撮りずらい。路のうえでオオセンチコガネ?が飛び立とうと していました

虫はあまり見つからず,渓谷園へ回ります。 いつもの池にはマユタテアカネのほかに,思いがけずオオアオイトトンボが けっこうたくさんいます。ここでオオアオイトを見たのは初めてかな? でも楓の木の上の方を飛んでいるだけ

上の川のそばでホソミイトトンボ,ピロピロと飛んでいました

もう一度オオアオイトを見ていたら,エナガの群れ?が通りかかりました

下っていつもの林道を歩きます。秋草の周りの虫たちを期待したのですが, 草刈りがしてあって,秋草がありません。かろうじてジンジソウが咲いていました

通行止めの綱が降りていたので,そのまま先へ行ってみます。 途中,道の半分が崩れ落ちた所が在り、ここが通行止めの原因のようです。 出口には通行止めの綱が張ってありましたが,外せるようになっていて, 引き返さずに済みました (^^♪
2016年11月7日
今日はFBフレンドのMMさんが来るというので,1日案内する予定です。 10時にいきいきセンター栗野郷で待ち合わせ。ちょっと早く着いたので,丸池公園に 行ってみます。何もいませんが,センナリホウズキが実をつけていました

時間どうりに落ちあって,吉松駅裏のキトンボの池に行きましたが,まだ時間が早くて いません。ゆったり館に移動して,私の車1台で,沢原高原方面に向かいます。 下の池では,コオロギの一種

や,クモの一種が水面で遊んでいます

オオアオイトトンボのメスも健在です

上の池に登ります。コノシメトンボがたくさん産卵中

ネキトンボもたくさん

獣のフンがあって,小枝でどかしたら,たくさんの黒いフン虫がいました

MMさんが石をどかしたら,カエル。なんというカエルでしょうか?

周りはススキの原です

その後,オサムシを見たいというので原生林に行きましたが,MMさんは調子が悪そう。 私が代わりに熊手を借りて掘ってみましたが,初めてなので見つかりません。 キトンボが出る時刻に間に合うように,池に戻ります。数頭のキトンボに会うことが できました

ゆったり館に戻りましたが,いつもはキトンボがいる上の池の周りは草ぼうぼうで 何もいません。アケボノソウが咲いていました

最後にえびのにアサヒナカワトンボを見に行きます。ホウジャクが卵を産むようなしぐさを していました。葉をめくると少し古いようですが,卵のようなものが

帰ってウェブを見ると,サオトメバナ(ヘクソカズラ)に産卵するそうです。 アサヒナカワトンボもいましたが,これは葉の裏のマルカメムシ

ゆったり館まで帰って別れます。鹿児島市に友人がいるそうです
2016年11月6日
小春日和は今日までの予報です。ちょっと近くを散歩します。 藺牟田の村では,野菊がまだ露を付けています

虫は見つかりません。オンブバッタだけ

藺牟田池へ行きます。これはサクラタデだと思います

マイコアカネはやっぱりいます

今日は人が多い。日曜日だった (^-^; 早々に引き上げて,裏道を通って今年見つけた 村を歩きます。タテハモドキが多い

でも他にはこれといった虫はいません。農家の人が家族でお昼ご飯を食べていました。 初めての道に入ります。あまり虫もいないので,いろんな場所を探します。 途中に**轟の滝の看板を見つけました。まあまあの大きさの滝です。 入口にヒメアカネかな?

蒲生のいつもの林道に寄ります。ここは先日草刈りをしていたところ。 シラネセンキュウ?にトリバの一種

クロコノマ

これはマユタテアカネかな?

これはエビイロカメムシみたい

大きなムベをみつけました。数個あります。ちょうど食べごろです。 種を飛ばしていたら,近くでアオバハゴロモを見つけました

今日は気持ちのいい散歩をしました
2016年11月5日
天気が良くて暖かい。昼から久しぶりに2時間ほど牟礼が丘を散歩します。 ちょうどツワブキの季節。さっそくアサギマダラが来ているのを見つけました

ススキの穂にテングチョウ

いつも道はあまり草刈りがされていないみたい。ツワブキにキタテハ

こちらはハラナガツチバチの一種

オトコエシの残り花にはクロヒゲアカコマユバチかな?

家でも見たクロマダラソテツシジミも。低温型みたい

黄色い小さなキク科(カンギクの仲間?)にコマダラナガカメムシがいました

2016年11月3日
久しぶりに吉松へトンボの様子をみにいきます。ゆったり館では,虫がいないなあという 印象でしたが,ミヤマアカネを見つけました

ヨコズナサシガメは少しだけ

いつもたくさん見られる欅の木が,ツタに覆われ始めています。 研修施設の壁にカマキリ

池にはマユタテアカネだけ

引き返すときミヤマアカネが産卵を始めていました。やはり気温が上がらないと 虫たちは活動を始めません

キトンボの池に回ると,期待にたがわず数頭がホバリングしていました

えびのまでカワトンボの様子を見に走ります。秋に発生するアサヒナカワトンボも 期待にたがわず用水路でなわばりを張っていました

こちらは若いオス

ハグロトンボも

南向きの日当たりの良い場所のセイタカアワダチソウにベニシジミ

これはヒゲナガカメムシかな?

野の湯林道を通って帰ります。先日アケボノソウの群落があったところを覗いてみましたが, もうすっかり実になっています。遅くなりましたが,新川のウメバチソウの様子を 見に行きます。でもまだつぼみばかり