In se ct Di ar y トップページへ
虫の名前の間違いを教えてください
2017 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2017年8月18日
暑いので,早くから出かけると,ばててしまいます。で,ゆっくりと近場の藺牟田方面へ。 先日,FBでMHさんから教えてもらったヒメバチの繭のようすを見るのも目的です。 まず藺牟田村へ。虫があまり見当たりません。しょうがないのでツユクサに来た ヒラタアブ

ダイミョウセセリ

カナムグラにはいつものヨツスジヒメシンクイ

これはコマユバチの一種?

こっちはドロバチの一種かなあ?

ここにはヒメアカネが多いです

戻ってきました。自動車を止めた横にある,コンクリートの水貯めにオオハラビロトンボが いて,ペアもみられました

思いがけずヤブヤンマも

メスが産卵していたのですが,撮り逃がしました。池にまわります。 いつもと違う木の下にとめて,太陽を避けます。そこから自転車道を歩いていたら, チョウトンボとタイワンウチワヤンマのいい撮影ポイントがありました。たまには別の道もいい

ビオトープでは,ベニトンボが逆立ちしています

記憶をたどって,ヒメバチの繭を探しましたが,見つかりません。3度探したけれどダメ。 雨で落ちたのかなあ?戻る途中に蛾が飛びだしました。ネットで見るとシロスジトモエの ようです

先日,雨で歩けなかった蒲生の林道へ移動します。これはツマグロスケバの幼虫のようですが

オニヤンマ

や,アオバセセリも出てきました

少し登ったところに,大口で見たヨコハママダラコマユバチ

ムラサキシジミが2頭並びました

虫は少ないです。最後にツチイナゴの幼虫?を撮ります

夏の間は,遅く出て早く帰ります。熱中症予防です。 夕食の時,窓からレンズ雲が見えました。小さいのをあわせると3つ

2017年8月16日
しばらく曇りや雨が続いていました。今朝もちょっと雨がふりましたが,その後太陽が 出てきました。少し遅くなりましたが,霧島の川沿いの林道へ。最初に眼についたのは ヤマアジサイの幹に集まっているスケバハゴロモの成虫と幼虫

すると,葉の下で触覚が揺れてる!たぶんクサヒバリの幼虫

路に落ちてきたのはヤガの仲間?

イワタバコの花は少し遅い?

ハグロソウはちょうど満開の時期?

カラスウリに,ノコギリカメムシの幼虫。ここにもいるんだ

(たぶん)ヒグラシが木にとまりました

これはクリオビヒメハマキかな

あまり虫の姿はなく,終点まで来ました。ゆっくり歩いたので,1時間半ほど。 奥の林道がちょっと歩けます。そこにオドリハマキモドキ

ムラサキシジミが,翅を広げたり

カシの木に産卵したり

これは小さなヒメバチの仲間かな

ゆっくり帰ります。この赤い実は何?

これはヤマイモハムシ

イヌビワの仲間の葉で,キボシマルウンカと(たぶん)ツマグロオオヨコバイの幼虫が 並んでいます

葉の裏を覗くと,7〜8頭のツマグロオオヨコバイの幼虫がいました。 もう一度スケバハゴロモを撮ります

今日はスケバハゴロモとツマグロオオヨコバイの幼虫が多かった。 自動車を止めた水場に戻ってきました。横にヤブミョウガの花ガあります

11時半ごろから15時ころまでこの路で遊びました。 帰って,庭のジンチョウゲの(たぶん)スズバチの巣に穴が開いていました

初めは,1つそった口がある泥の玉。その後,口は泥でとじられていましたが,少し前に 無事に巣立ったようです
2017年8月12日
今日は1日晴れの予報。明日の午後から曇って,その後雨模様の予報なので, 出かけることにします。ウスキキヌガサタケの場所で知り合いになった,山と花の先輩たちに 教えてもらった矢岳と竜王山方面は,歩いたことがないので,ネットから印刷した案内図 を持って久しぶりに山の頂上を目指しましょう。高千穂河原の駐車場に車を止めます。 ところが地図の(つつじがはら)の標識がない!しかたがないので(鹿が原)の方向に 歩きます。ほとんど平の小路。ススキが覆いかぶさっています。路の横で,久しぶりの ツチアケビ

路は少しづつ下りになっています。虫はあまりいません。これはジャコウアゲハ

およそ案内図の時間どうりに三叉路があり,標識がありました。竜王山方面とは 書いてありませんが,左の路に折れます。

虫は少ないので,ニワハンミョウ

やムネアカオオアリ

やメイガの一種?を撮ります

川を渡ります

樹林の中でキマワリ

少し急な登りです。でも足は痛くなくて調子がいい。まだまだ歩けるなあと自信がつきました。 尾根に出たところが矢岳との分かれ道

矢岳まで15分とありましたが,最初だし,疲れたし,スルーして竜王山方面に 向かいます。ススキが小路を覆っていて,足元が見えません。稜線でリョウブの花?が 満開です。

しばらくしてちょっと 平らな場所に出ました。そこに1人の男性が休んでいます。今回の山登りで会った のは,この男性だけ。名前はMYさん。竜王山の標識はありませんが,ここが頂上だそうです。 MYさんは1週間に2度くらいの割合で山を歩き,先月は裏銀座を6日かけて歩いたそうです。 8月終わり頃から北穂からキレットを下りて槍が岳への山歩きだそうです。 頂上はあちこち踏み跡があって,どっちが帰り道かわからない (?_?) MYさんが, 帰りはちょっとわかりにくいから,案内すると言ってくれました (*^^)v  頂上付近から見た,高千穂の峯

と,新燃岳方面

ウスバキトンボが飛んでいます。 途中,いくつか路がえぐれていて,わかりにくいところがあります。しばらく行くと 炭化木の標識

300年前の新燃岳の噴火で蒸し焼き状態になった木が,浸食で現れたものだそうです

その後も川をいくつか渡ります

登山路や山の斜面には枯れた木がたくさん。全部松の木だそうで,5年ほど前の新燃岳の 噴火で枯れたのだそうです。松は硫黄ガスに弱い!

(鹿が原)はミヤマキリシマの群生地で,それで(つつじがはら)と書いてあったのかなあ? MYさんのおかげで無事に帰って来れました。 久しぶりの山でしたが,まだまだ登れそう (^^♪
2017年8月10日
今朝は曇り空なので,出かけない予定でしたが,ちょっと晴れてきたし,家にいると 頭がぼーっとするので,ちょっと藺牟田方面へ出かけます。村の下の湿地で最初に 見つけたのは,触覚が白くて体が茶色の大型のヒシバッタ?

路の横でオニヤンマが盛んに産卵しています

あまり期待せずに来ましたが,出かけると何かに会えるものですネエ。 カメノコテントウ

やアカクビナガハムシ

やスケバハゴロモ

やムラサキシジミ

やトリバの一種

も出てきてくれました。これはイヌビワの熟れた実に来ていたクロコノマチョウ

クロコノマはいつも地面の上か藪の中でしか見ていないので,新鮮でした。 藺牟田池に上がります。薬草園でも多かったけれど,ここにもチュウレンジバチが たくさん

タデの花にいるのは,久しぶりのヤホシホソマダラ

ツツジの垣根で,アオビタイトンボのメスを見つけました

でもオスは見かけません。これはここでよく見かけるゴマダラカミキリ

これは何か蛾の繭かなあ(FBで松比良さんから教えてもらいました。ヒメバチの繭だそうです。 ネットで見ると,ホウネンタワラヒメバチの繭に似ています)

このころから雨が降り出して,だんだん土砂降りになりました。蒲生の林道を歩くつもりで 移動しましたが,しばらく待ってもやむ気配がありません。しかたがないので,帰り始めます。 蒲生の町へきたら,雨が降ってない!ホタルやハナウドに来るイシガケチョウを撮ったこと がある,水路の横の道に入ってみます。この道は最近広がって立派になり,あれほどたくさん 咲いていたハナウドは1本もありません。でも,ちょっと歩き足りないので,奥に自動車を 止めて歩きます。水路には少ないけれどハグロトンボがいました

カナダモがあるので,これから増えるかもしれません。咲き残りのヒメジョオンに シロオビノメイガ

指宿の魚見岳にはたくさんいたなあ。と,ササキリの幼虫が

触角が長いので,好きな虫です。こちらはクビキリギスの幼虫かな?

ミバエのペアを見つけました

フラッシュをたいたり,こっちを向くのを待ったりして撮っていたら,突然の雨。 自動車の方向に歩きますが,ちょっと遠い (+o+) 途中でディフューザーを落としたことに 気づいて引き返したりしているうちに,すっかりびしょぬれになってしまいました。 引き返したころには雨が止んだので,また撮ります。最後にコシアキトンボが現れました

帰って,風呂の残り湯を浴びて,体を洗ったら,すっきりしました (^^♪
2017年8月7日
昨日の台風は少し東にずれてくれたので,それほどひどくはありませんでした。 しばらく歩いていないので,近場を歩くつもりです。 車庫に山のように吹き寄せられた木の葉やススキの葉を取り除いて,県民の森へ。 竹山ダムの駐車所には,ホウズキカメムシ

薬草園の入口には,撮りませんでしたが,チュウレンジバチがたーくさん。池の 周りにはメハジキ?が花を咲かせていて,ベッコウクモバチ?が来ています

リュウキュウベニイトトンボや

モノサシトンボも

最近よく見かけるこのコガネムシは,サクラコガネ?

カノコユリにクロセセリ

上の畑ではオミナエシが満開でいろんな虫が来ていました。これもベッコウバチの 仲間かな?

アミガサハゴロモも見つかりました

これはかわいいササキリの幼虫

撮っているときには気が付きませんでしたが,後脚がひとつとれています。が あまり気にしていない様子です。 桜の木に何か飛んできてとまりました。とまったあたりに目を凝らすと, 初めてのヤツメカミキリです

渓谷園のいつもの場所に車を止めて,フクレといきなりだんごで昼食。 上の池に行くと、モノサシトンボやクロイトトンボがたくさん

アカネも出始めているようです。アジサイの葉の下で何かが動いています。 小さな黒いカマキリの幼虫,たぶんサツマヒメカマキリ,が食事中。 食べられているのも,たぶん少し小さめの同じ幼虫 

自動車に帰ってみると,ヨコバイの一種の幼虫がいました。カメラを向けると 左を向いたり,右を向いたり

いつもの林道を下りながら,テキトウに車を止めて周りを歩きます。でも虫が少ない。 やっと見つけたのは,エノコログサのクモヘリカメムシ

とウラギンシジミのメス

虫も少ないので,早めに帰って,台風で傾いたニガウリの支柱を修理し,ナスの支柱も 取り替えます。畑から勝手に出てきたツルを隣のスモモの木に絡ませておいたら, トウガンが小さな実をたくさんつけています。でも台風で揺られたので,大きくなれるかなあ?
2017年8月2日
7月はウスキキヌガサタケやらアオバズクやらで大口は3日に行ったっきり。 久ーしぶりに様子を見に行きます。通行止めの橋にヒメサナエが

いつもの枯れ木にオオホシオナガバチはオスもメスもいるようですが,少ない

これは切り株にいたヨツボシゴミムシ??

これは久しぶりのキボシマルウンカ

アオバセセリが私に驚いて,葉の裏に隠れます

メマトイがうるさい。手で払いますが払っても払ってもついてきます。 まあ,ウシアブがまだ出ていないだけいいか (^_^;) 暑くて虫たちも隠れているのか, あまり見つかりません。これは大きなハエの一種

車に戻って,フクレを食べて,水を飲んで,場所を変えます。 歩き始めて間もなくのところで,アオバハゴロモとベッコウハゴロモのツーショットが 撮れました

ちいさな茶色い虫が飛んでいます。とまったところを見るとキセイバチのようです。 ネットで調べるとヨコハママダラコマユバチに似ています

ススキの葉に何かついているのか,熱心に舐めていました。小さな綿が歩いています。 クサカゲロウの幼虫です

もうナツアカネが出ています

これは赤くありませんが,赤いのも見かけました。2番目の橋まで来ました。 ベッコウハゴロモが並んでいます

ヤブカラシにいろんな虫が集まっています。メスグロヒョウモンも

オニヤンマもあちこちで巡回しています。これは休んでいるところ

サツマ?ヒメカマキリが,アオバハゴロモのすぐ近くで何かを食べています。 レンズを向けると,こっちを向きました

これはミヤマカラスアゲハのメス

こっちはオス

サカハチチョウの夏型も姿を見せました

3つ目の橋の少し手前で引き返します。こちらの道もメマトイが多い。 ちょっと休憩して,まだ3時なので,二反田園に寄ってみましょう。 チョウトンボはまあまあの数が出ています

奥では,すっかり元気になった園長が作業中でした。カワセミの穴に蛇が来るので, 上れないように,手前の,俳句を飾ってあったものを取り壊すのだそうです。 他にイシガメが産卵した所に,蛇が頭を突っ込むので,金網で囲いを作ってありました。 カワセミやイシガメはちゃんとビデオを撮ったそうです。オオハラビロトンボもいました

クロガネモチにはシンジュサンの卵があって,もう孵化したようなのですが, 幼虫や葉をまいた蛹の巣は見つかりません

しばらくビデオを見せてもらって,カンコーヒーなどをいただいて話しました。帰りに 車の近くで,ケラが岩に登ってきました

どうしたのでしょうか?